YAHOO!
Interview
株式会社Meily 川井 優恵乃さん
2019/03/28

株式会社Meily 川井 優恵乃さん

日本で初めて美容整形の相談アプリを開発

日本で初めて美容整形の相談アプリ開発。LODGEのパートナーズスペースでお仕事をされているMeilyの川井さんにお話を伺いました。

事業のビジョンはどんなものでしょう?

最初は起業するつもりなんてなかったんです。大学生のときに自分自身が美容整形をして、ものすごく腫れて不安でいっぱいだったのだけれど、同じ手術をした人に相談したくても見つけられなくて毎日暗い気持ちでふさぎこんでいて。そんなときにツイッターの美容アカウントで私以外にも同じような情報を求めている人がいることを知り、もっと情報を求めやすいツールがあったらいいなと思ったんです。2年前くらいですね。美容整形のアプリといったらMeily, と言ってもらえるようになりたい。

社員の皆さんがとても仲良しに見えるのですが、どうやって仲間を見つけられたのでしょうか?

目標が一緒だから実際仲が良いですね。まずエンジニアが必要だったのだけれど、いなくて。Tinder(ティンダー)というマッチングアプリだと、登録している人の職業が出るから、そこで見つければいい!と思いつきました。そして実際に始めてひとり見つけたのですが、既にチームを持っていたので、一緒にやりましょうと説得しました。今7人でやっていて、他にアウトソーシングで2人お願いしています。今いるのはデザイナー、プログラマー、セールス、企画です。まだ足りないリソースもあって…ツイッターを運営できる人がいたらいいな。

株式会社Meily 川井 優恵乃さん2

美容整形でイケる!と確信したキッカケは?

ツイッターで美容整形の経験がある方を集めて、30人分のアンケートとレポートを集めたんです。そのあとに企画書をお送りして需要があるかどうか探っていったら、30人中28人が、「かなり使いたい」2人が「使いたい」という需要がわかり、これはやるしかないと。実際始めてみたら、ユーザーは予想通り増えていく一方で、病院側は何と口コミされるか分からないこともあり開拓していくのが難しかったりします。

CodeRepublicに参加してよかったことを教えてください!

今年の3月で1年たつのですが、週に一度担当者が相談に乗ってくれるメンタープログラムがあって、資金調達の資料も適宜ブラッシュアップしてくれるので、素晴らしい環境だと思っています。ワーキングスペースとして利用しているLODGEがヤフー社内ということもあり、ヤフー社員やさまざまなスキルを持ったユーザーさんと情報交換ができることもメリットですね。

スタートアップの方々、起業を考えている方々に一言お願いできますか?

VC(ベンチャーキャピタル)に断られてボロボロに言われても、情熱を持って仮説検証を繰り返して行けば共感してくれる方に必ず出会えると思います。どうしてもあなたに入ってほしい、と説得する。私はエンジェル投資家に出会えてアドバイスをいただけたこともありましたが、ユーザーの深い悩みがある事と、市場がきちんとある事を数字に出して証明し続けました。そう考えるとCodeRepublicは、投資家へのアピールの場を設けてくださることもありスタートアップにはうれしいことずくめです。

ページトップへ